ミラノコレクションの使い方!種類の違いは?下地だけファンデなしで大丈夫?

みなさん、こんにちは♪

デパコス初心者、アラフォーのこまちです♪

(*゚∀゚*)/ヤッホ

さてさて、今回の記事はこちら!!

年に1回発売される【カネボウ】の限定フェイスアップパウダー

「ミラノコレクション」

・・・のレビュー記事です♪

2018版

前回の記事で、

エレガンスの「ラ・プードル」を購入し、レビューさせていただいたのですが・・・。

値段が少々お高いのが気になったので、もう少しリーズナブルなフェイスパイダーを探してみることにしました。

ふと立ち寄ったドラックストアで、カネボウのBAさんに勧められたのが、この「ミラノコレクション」。

いろいろ話を聞いて、テスターでお試しもして・・・。

うん!なかなかいいかも!!!

(´▽`)♪

・・・と購入に踏み切ったのですが、

あれ・・・、ちょっと待って??(笑)

またお高いフェイスパウダーを購入してしまったやんか!!(笑)

ガチョ~ン((((*゚∀゚*;)

(お値段は後ほど記述)

プレミアムな存在感と、優美なデザイン性。

毎年発売を楽しみにしているリピーターも多く、クチコミで高い評価も得ているようです。

そんな「ミラノコレクション」・・・いったいどんな使い心地なのでしょうか?

さぁ、いってみよ~う(*^^)/

スポンサーリンク

「ミラノコレクション」の使い方

ケースを開けるとこんな感じです♪

まるで彫刻のような、気品ある天使様がお目見え♪

「ミラノコレクション」の製品の特徴はこのようになっております。

ベースメイクの美しさをひきたて、明るくソフトな印象に仕上げるプレストタイプのフェースパウダー。

・ファンデーションで仕上げた肌に使うと肌の美しさをより引き立てます。

・ルーセントベージュのパウダーが、肌を明るくやわらかな印象に整えます。

・キメ細やかなパウダーが肌にフィットして肌の明るさを長時間保ちます。

・どんなタイプのファンデーションにもお使いいただける自然な仕上がりです。

◎レンゲソウエキス・ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス(保湿)配合
◎SPF14・PA++
◎ライトフローラルの香り

引用元:カネボウ化粧品公式サイトより

これだけ見ても、肌に良いこと尽くし!!(゚o゚;

日焼け止め効果もあり、「朝の時間がないときはこれだけでも十分!!」という方もいらっしゃるみたいですね(^。^)

その辺も含め、使い心地は下記で検証してます(↓↓)

では、使い方です!

~より美しく仕上げる、おすすめのつけ方~

POINT1

肌なじみのよい仕上がりにするためには

パウダーを肌に押さえるようにつけたあと、パフを肌全体に軽くすべらせて仕上げます。

POINT2

化粧持ちと毛穴カバー効果を高めるためには

パフを下から上に、肌を引き上げるように押さえるとフィット感がアップし、効果が高まります。

引用元:ミラノコレクション添付説明書より

管理人がBAさんに施してもらったのは、「POINT2」のつけ方です。

BAさんのアドバイスをそのまま記述すると・・・、

「ミラノコレクション」の上にパフをあて、パフを45度ほど回転させてパウダーをとります。

その動作を3回・・・、

合い言葉は「キ・レ・イ」・・・です。(笑)

パフにパウダーが付いたら、一度半分に折ってパウダーをパフに揉み込むような動作をします。

(この2つはBAさんによるアドバイスで、説明書には記載されていません)

そのあと、頬につけます。

産毛の生え方に逆らうように、上から下へ・・・軽く押し当てるような感じでつけていきます。

こうすることで毛穴が目立たなくなっていきます。

反対側、おでこ、鼻、顎、目の周りも同じようにつけます。

鼻の際などの細かいところは、パフを半分に折ってつけていきます。

仕上げにブラシを使って、今度はふんわりと円を描くようにつけます。

(このときに余分なパウダーも落とします。)

がっちがちにつける必要はなく、あくまでも「軽く」がポイントです。

「ミラノコレクション」の種類の違い

今回「ミラノコレクション」を購入して、使用感は120%満足できたのですが、

購入にあたって一つ気になったことがあるので、それをお伝えしておきます♪

「カネボウ ミラノコレクション」は、デパート、化粧品専門店、ドラックストア、ネットなど・・・、いろいろなところで購入できますが、実は全てが同じではありません。

これは管理人も購入してから気がついたのですが・・・、

「ミラノコレクション」には、

・カネボウ版

・トワニー版

・インプレス版

・・・があるそうです。

この違いを知ってから購入したかった・・・というのが本音なのですが、今回はまぁ仕方ありませんね。(BAさんも教えてくれたらいいのに・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

では、その違いをザックリと記載します♪

値段(税抜)
上:単品
下:セット
容量 保湿成分
カネボウ版 ¥12,000
¥20,000
 30g

セットは
同容量の
レフィル付

 レンゲソウエキスローヤルゼリーエキス

ヒアルロン酸

トワニー版 同上  同上

カネボウ版

ボタニカルエッセンス

インプレス版 同上  同上 

 カネボウ版

ダマクスバラ花水、スイカズラ花エキス、乳酸桿菌/豆乳発酵液などを配合

そもそも、「トワニー版とかインプレス版ってなんじゃい?」・・・って感じなのですが、

どちらも「カネボウ化粧品の中のブランド」です。

(゚Д゚)???…ト言ワレテモ?

ちょっとピンとこない人のために、もっと詳しく説明すると・・・、

カネボウブランド=(イコール)

割とリーズナブルな値段で買える「media(メディア)」とか、有名女優さんがCMしてる「COFFRET D’OR(コフレドール)」と聞けばピンときますかね・・・?

そんな感じで、この「TWANY(トワニー)」と「Impress(インプレス)」というブランドがあります。

このそれぞれのブランドの中で「ミラノコレクション」を展開している・・・ということですね。

まぁ、ちょっとごちゃごちゃしてわかりづらいですが(笑)、大きく括って全てカネボウ商品ですが、展開しているブランドが違うので中身もちょっとずつ違う・・・ということです。

配合されている保湿成分が「肌にどのように作用をもたらすか?」・・・は、使ってみないとなんとも言えません。

ただ、「Impress(インプレス)」というブランドがアンチエイジング向けということを考えると・・・、

保湿効果的には、

カネボウ版<トワニー版<インプレス版

・・・と、このような順番になるのではないかな?と思います。

あと、容量の違いも少し気になりますが・・・。

管理人が購入したのはドラッグストアだったのですが、「値下げしてあったということ」が購入理由の一つになったことは否めません。(笑)

「カネボウ版」が購入できる場所が、主にドラッグストアやショッピングモールのようないわゆるディスカウントが出来る場所・・・ということで、それを見越して「カネボウ版」は「容量24g」と少し少なめに設定してあるのでしょうか?

トワニー版は主に化粧品専門店、インプレス版は主に百貨店で購入可能)

以上のようなことをBAさんが教えてくれなかったので・・・(笑)、

管理人は「カネボウ版」しか選択肢がありませんでしたが、みなさんはもし購入される場合はその点も踏まえつつ購入を検討してみてください♪

スポンサーリンク

「ミラノコレクション」下地だけファンデなし画像

さて、仕上がりはこちら♪

∑(゚Д゚;)ヴエッ??

いや・・・、ちょっと驚きました!!!

なんですか?このクオリティは???(゚▽゚*)

まるで、ファンデーションを塗ったかのような仕上がりじゃないですか?

注:管理人は40代です!

もちろん、きちんとファンデーションを塗ってからでも「使用可」です。

ただ、ファンデーションがかなり薄付けでも、

この「ミラノコレクション」をつけることにより、「毛穴」「皮脂」「くすみ」はカバーできると思います!!!

管理人は、

化粧水と乳液→UV美容液→コンシーラー

・・・で、目立つシミを隠したあと、「ミラノコレクション」を使っています♪

(画像では、コンシーラーは使っていないので、使えばシミはもう少し目立たなくなると思われます~)

ちなみに、今回使用した下地は、カネボウの「DEWボーテUVプロテクトエッセンス」と、ポール&ジョーの「ラトゥーエクラファンデーションプライマー」です。

どちらもほどよく馴染み、相性はよかったと思います♪

スポンサーリンク

「ミラノコレクション」の値段&外観

管理人は今回、

「カネボウ版 ミラノコレクション(2018) セット」

レフィル付き 24g×2

¥20,000(税抜)を購入しました。

パッケージがゴ~ジャ~ス(☆。☆)

そして、中身はこんな感じです~♪

ケース1個(レフィルセット済み)

替レフィル1個

専用パフ1個

あ・・・、ちなみに予約はしていません。

管理人は、年末12月29日に購入をしたのですが、

その時点で、レフィルセットの方は「もう在庫わずか」・・・ということでした。

予約分だけでなく、店頭販売分も確保してあるとはいえ、

「年が明けてどのくらいで売り切れてしまうか?」はわからないみたいです。

なので、店頭購入したい方は、早めにゲットした方が安心ですね。

いつもは購入前にテスター使用、その後1週間は様子を見る管理人ですが・・・、

今回は「合わなくて無駄になるかもしれない」という懸念はなく、購入は割と即決でした。

ですが、単品かセットかでしばらく悩みました。

単品(¥12000(税抜))にしてもよかったのですが・・・、

レフィルセットの方を購入した理由は2つあります。

セットを購入した理由、まず1つ目。

「ミラノコレクション」は年に1度(12月)にしか発売されないので、次の発売まで「パウダーが持つのか持たないのか」が不安だったから・・・です。(笑)

口コミでは「1年は持つ」といる人もいれば、「1年持たない」という人も見かけて・・・、

使い方次第だとは思うのですが、もう自分で確かめる方が早い!!(笑)

セットを購入した2つ目の理由は、

一つを「自宅用」、一つを「持ち運び用」にしたかったからです。

化粧直しはあまり必要ない・・・というBAさんのアドバイスもありましたが・・・、

やはり「40代」。

それも本当にそうなるかどうかはわからないし、化粧直しがその都度必要だったら絶対に単品じゃ足りなくなる・・・。

実は以前、知り合いにもらって2014年版は数回使ったことがありました。

そのときは、高級化粧品に興味がなく、使い方も適当でパフでポンポン叩いておしまい・・・みたいな。(笑)

「粉っぽくなって、真っ白白になっただけじゃん」・・・と、「ミラノコレクションのよさ」を全く理解できぬまま放置していました。

「ミラノコレクション」のレフィルは、カネボウの既存品とは大きさが違うので(他ケースでは代用ができない)、一瞬セット購入を迷いましたが・・・。

そのケースが家に残ってれば・・・、一つを「持ち運び用」として使えるなと。

放置していたのでどうしたのか全く記憶もなくて・・・(笑)、

まぁ、最悪ケースがなくても何か替わりの容器を探せばいいや・・・と、そういう理由でセットの方を購入しました♪

後日談になりますが、どうやらケースは捨ててしまったようで。(笑)

某通販サイトにないかなぁ・・と検索したところゴロゴロ見つかりました!

・・・で、「2017年版」のケースのみ(新品)をGET!!

2017年版は、ピンクを基調としたゴールドのコンパクト♪

隔年で、浅型⇔深型と交代で発売されているようですね。

2018年版は、2017年版の「おおよそ倍の高さ」でしょうか?

どちらも高貴な感じがして・・・、見ているだけで心が洗われるようです。

「フラン●ースの犬」のラストシーンの天使に見守られてる感じ。

( ̄∇ ̄),゚.:。+゚☆彡

このように、

通販サイトでは、「2018年版」はもちろん、「2017年版」でも未だに購入可能のようです。

便利なこの時代・・・、仮に買い逃したとしても、

「手に入るツール」は、探せばいくらでもありますね!!(゚Д゚)

ちなみに、この2017年版の新品ケース・・・、

管理人は¥3,200(税込、送料込)で購入しました。

中古だともっと安く手に入るのもありましたが、

新品、付属品の有無、出品者の評価等・・・、いろいろ検討した結果、このお値段でGET♪

状態は非常によくて、満足して使っています♪

スポンサーリンク

まとめ

「ミラノコレクション」を購入してからもうすぐ1ヶ月経ちます。

さらりとした使い心地に大変満足しております。

お値段、定価¥12,000(税込)と少々お高いですが・・・、

普通のフェイスパウダーが3~4ヶ月持たないことを考えると、コスパはそんなに悪くないかな・・・と思います♪

1年持つ・・・ということを前提にすると、1ヶ月\1,000で使えるということですしね。(^_^)

冬で乾燥してるのもあり、使っていると夕方くらいに少しだけ肌が引きつったような感覚(但しすごく気になるわけではない)になるので・・・、

来年は「トワニー版を」購入してみたいと思います!

L(`・ω・´)」♥

読んでいただいてありがとうございました♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加